2013年10月17日

マインクラフト

ゲーム制作はちょこっと停滞中。
ランダムに作成するマップでの不具合修正やら、モンスターの配置のやりかたに四苦八苦してたりやら、なにしろ「制作が進行してる!」と実感できる内容がなかなか無いっす。

それはさておき、最近はマインクラフトで遊んでます。
XBOX360版の、日本語で遊べるやつ。

マップが生成されて初めて降り立つ島と、その隣の島を行き来してる程度の進行具合ですけど、そんだけでもいろいろな出来事が起こって面白い!

最初の夜にはまだ安全地帯の家を完成させられていなくて、壁の隅に隠れてモンスターをやり過ごしてみたり、結局やりすごせずに壁に矢が飛んできてぎりぎりな感じで夜明けを迎えたり

家は完成してるけど、夜になるぎりぎりまで外にいたせいでモンスターに囲まれて寝られなくなったり、寝られなくて仕方ないから家の中の地面を掘ってみたら石炭を見つけて家の地下が炭鉱になったり

その炭鉱の奥からモンスターが出現してきて、家の地下がダンジョンになったり

それを後ろで見ている妻が大ウケしてたり。

プレイヤーキャラクターの目の前にあるものだけでいろんな仕掛けが充実してるゲームって、そんだけで楽しいなぁ。
posted by RumTum at 09:43| Comment(2) | ゲーム

2013年06月15日

イース7

いまさらながらに、PSPのイース7で遊んでいます。

PSP Vitaを買えない懐具合の身の上としては、長年親しんできたこのシリーズとも今作でお別れの予定。
ちょびっとばかりしんみりとした面持ちで遊んでいるわけですが、なんというか、大きな違和感がひとつ。


これ、なんかドギが主人公みたいに感じる


本来の主人公であるアドルは、このシリーズではセリフをしゃべらないのが特徴ともなっている(例外作あり)んですが、イース7ではNPCとのやりとりをアドルの相棒ドギが請け負っているわけですよ。
だもんで、「アドルは頷いた」みたいなリアクション以外はすべてドギの担当。

そりゃぁ、プレイヤーの感情移入もドギへ行ってしまうってもんで。


やっぱ、イースシリーズはアドル単独でがんばってほしいなぁ。
posted by RumTum at 10:46| Comment(2) | ゲーム

2013年03月21日

スマホゲームのサウンド

スマートフォンのゲームでは、音が鳴らないゲームが好きです

だって、スマホでゲームするのって、ちょっとした時間つぶしみたいな時が多いじゃないですか。
腰を据えてどっかりっていう遊び方はなかなかしない。

だから、あんまり音がなっていい状態で起動してないこともあるわけですよ

で、うっかり音の鳴るゲームを起動しちゃったりすると、周囲にいた人間から「なに?」みたいな感じで視線を投げかけられたりして、あわててサウンドオフにしたりするんですよね

んで、「そんじゃサウンドオフで遊んでいればいいじゃないの」って意見もあるかとは思うけど、それもイヤ


音が鳴るなら、音がなってる状態遊んでこそ、そのゲームの要素を完全に享受出来てるわけじゃないですか!


それをサウンドオフで遊んでいると、なんか損した気になる。


ってことで、自作のゲームにサウンドが無いことに対しての自己防衛記事でした(^^;
posted by RumTum at 00:26| Comment(5) | ゲーム