2019年03月18日

『方眼紙マッピング』アップデート Ver 1.212

『方眼紙マッピング』をアップデートしました。
最新バージョンは 1.212です。

ダウンロードURL

通常版
http://tyaya.net/graph-paper/files/graph-paper_v1212.zip

Wiz#5版
http://tyaya.net/graph-paper/files/graph-paper_v1212wiz5

600*600
http://tyaya.net/graph-paper/files/Graph-paper-600.zip

1000*1000
http://tyaya.net/graph-paper/files/Graph-paper-1000.zip


更新内容

(1)メッセージのポップアップが正常に行われていなかった不具合を修正しました。
(2)座標が255を超える位置にメッセージを置いた場合に、データが読み込み出来なくなっていた不具合を修正しました。(これは、通常版では発生しない不具合となっています。)


Win#5版や1000,600版の特殊バージョンで(2)の不具合が発生した場合はそのままでは読み込みのできないデータとなってしまっています。

下記の方法で、表示できなくなったメッセージを修正することは可能です。
ただし、メッセージを配置した座標を知っている人でないと修正が不可能であるため、こちらでの対応が出来ない状態となっています。申し訳ありませんが、ご了承ください。

1.
マップデータをテキストファイルなどで開く。
テキストファイルの行数に制限をかけている場合には、その制限を大きい数値に変更する必要があるかもしれません。(大体100000行とか超えてくると思います)

2.
[MessageXY] という文字列を検索
その次の行に[FloorTop]とあり、続けて16進数の文字列とメッセージの内容が並んでいるのを確認し、表示出来なくなっているメッセージを探す。

4.
表示出来なくなっているメッセージの上の行にある16進数を、ひとまず「0000」と書き換えて座標を0,0にする。

5.
マップデータを保存し、Ver.1.212で読み込み、上書き保存する。
この時点で、座標0,0でメッセージは表示されるようになっている。

6.
テキストファイルでマップデータを読み込み、表示出来なくなっていたメッセージを探す。

7.
表示出来なくなっていたメッセージの上の行に、2行に分けてX軸,Y軸と10進数で記録されているのを確認。
これを10進数で配置したい座標に書き換える。

ここで指定する座標は、マップの左上が基点となっている場合の座標になるので、事前に[マップの設定]から[マップ座標のタイプ]を[左上の座標が基点]に替えておくとわかりやすいと思います。

以上の方法で、対処をしていただきますよう、よろしくお願いいたします。
posted by RumTum at 18:04| Comment(3) | 方眼紙マッピング
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。

通常版v1.212を使用していますが、
メッセージポップアップ時の挙動がおかしいように感じます。
メッセージが記録されている座標にカーソルをポイントさせると
ポップアップウインドウが高速でチラつき、
処理も重くその座標にアイコンを置くなどがやや難しくなります。

使用OSはwin7 Home Premium SP1です。
Posted by at 2019年03月25日 17:01
不具合の報告、ありがとうございます。

メッセージ関連の不具合、前回の修正時に行った変更が中途半端だったようです。申し訳ありません。

修正版の1.214をアップしました。
そちらを使ってみてください。

よろしくお願いします。

http://tyaya.net/graph-paper/files/graph-paper_v1214.zip
Posted by RumTum at 2019年03月26日 10:18
素早い対応ありがとうございます。
早速使用させて頂きます。
Posted by at 2019年03月26日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: