2014年11月28日

『方眼紙マッピング』アップデート Ver 1.201

『方眼紙マッピング』をアップデートしました。
 最新バージョンは 1.201です。

ダウンロードURL


更新内容

壁のタイプを四角にしている場合、四角の壁の中に現在地を設定すると現在地マーカーの移動時にエラーが発生していたのを修正しました。
posted by RumTum at 09:47| Comment(12) | 方眼紙マッピング
この記事へのコメント
お久しぶりです。息の長い開発お疲れ様です。
最近とんとゲームにご無沙汰でして、忙しい合間に急に剣と魔法の国をさまよいたくなり、旧RPGを再インスコして、また忙しくなってる間に気が抜けて・・を繰り返す今日この頃です(笑)。
Androidのゲームの方はどんな具合ですか?あっちの方はシンプルなのがウケルのかグラに凝りまくった3Dぐりぐりゲーがいいのかよくわかりませんな(笑)。
Posted by まーと at 2015年03月04日 20:38
まーとさん、お久しぶりです(^^)
Androidのゲームのことまで覚えていてくださって、本当にありがとうございます。

古いゲーム、ホント時々思い出しては遊びたくなりますよね〜。
で、「こんなに遊びにくかったっけ・・・」と気合が抜けてしまったり(笑)

私は今は、ちょこっとだけ古いゲームをSteamやらGOGやらで購入して遊んでいます。
The Witcherの1作目をクリアして2に入ったところなんですが、グラフィックが結構激変してて、時代の流れを感じますね〜。
このくらいの古さなら、遊びにくさもほどほどなので大丈夫だったり(笑)

Androidのゲーム、今も作り続けていますよ〜。
見た目的にはほとんど変化無しなんですが、それなりにゲームっぽくはなってきたところです。

一応、ダンジョンのボスを倒せばマップクリアということだけは出来るという程度のレベルですが(^^;

スマホのゲーム、最近はホントグラフィック凝りまくりのものが出てきて、プレステ2並のものなら平気で基本料金無料で遊べてしまったりしますね。
それはそれで「すげーーー!」とか思ったりしつつ、継続して遊んでいるのはドット絵のシンプルなものだったりしますけども。

自力で作れるのはドット絵レベルのものなので、そっち系統にがんばってほしいところです(笑)
Posted by RumTum at 2015年03月05日 09:20
こんにちは。最近『方眼紙マッピング』を使わせてもらってます。

以下個人的な要望です。もし今後バージョンアップすることがあるならば、対応していただけたら嬉しいな、という内容です。

もし見落とし等で既に実装されていたらすいません。


・マップを右(左)回りに回転時、現在地マーカーも追随してほしい
現状マップを回転させると、マップのみ回転し現在地マーカーは移動しない仕様ですが、これが追随するオプションがあると嬉しいです。


・キーボードショートカット、もしくはメニューの機能へのボタン
自分がマッピングする際にマップの回転と現在地マーカーの移動をよく使うのですが、これらがメニューの中にしか存在しない状態です。
これらがキーボードショートカット(ctrl+何かのキーとか)などに割り振りできると嬉しいです。
もしくは画面上に任意の機能を呼び出せるショートカットメニューアイコンなどが用意されていて、そのアイコンクリックでこれらの機能が呼び出せても嬉しいです。


因みにですが。自分は今初代『ファンタシースター』をプレイしてます。これはマッピングを補助する魔法やアイテム等が一切ありません。マップ表示、現在地の座標もありません。そのためいわゆる一般的な3Dダンジョン系とはちょっと違う要望になっているのかもしれません。

そして要望ばかりで申し訳ありません。

大変ありがたく使わせてもらっております。
Posted by snd at 2015年10月24日 21:10
sndさん、はじめまして。
方眼紙マッピングをお使いいただき、ありがとうございます(^^)

ご要望いただきました機能、実装をしてみました。
1.203として公開していますので、使ってみてください。

まず、現在地マーカーがマップの回転に追随していなかった点。
これは完全に見落としです。現在地マーカーを追随させるのを忘れていました。(^^;
これは常に追随するように変更しています。

次に、マップの回転のショートカット。
これは、うっかり手が当たったくらいでは反応しない程度にややこしいショートカットとして実装してみました。
Ctl+Shift+カーソルキーの右、および、カーソルキーの左。
この2パターンで、時計回り/半時計回りに回転します。

現在地マーカーの位置の変更については、申し訳ありませんが今回は見送らせていただきました。
これは、現在地マーカーはカーソルキーで1マスごとに移動させることができるため、頻繁に使う移動としてはこれで対応できるのではないかとの判断です。

また、「現在地」のメニューは[alt+N]で開き、現在地マーカーの座標指定はメニューが開いた時点でカーソルが合っている状態になっているためEnterキーを押せば反応します。
これも併せて使ってみてください。

よろしくお願いします。
Posted by RumTum at 2015年10月26日 19:50
RumTum さん

現在地マーカーの追随、回転のショートカットへの早速の対応、ありがとうございました。
触ってみましたが大変快適です。


現在地マーカーのショートカットの要望については、よく考えると自分の思慮が足りていませんでした。
なぜなら「回転に現在地マーカーの追随が追随してない」→「現在地マーカーの移動の使用頻度が高い(高かった)」なので、回転に現在地マーカーが追随する現バージョンだとそれほど頻度が高くならない、と気づいたためです。

繰り返しになりますが対応ありがとうございました。これからも使わせてもらいます。
Posted by snd at 2015年10月27日 07:51
RumTum さん


一つ書き忘れていたことがありました。

方眼紙マッピングを使い出した当初混乱したことがありました。それは
フロア座標の起点のコンボボックス(プルダウンメニュー)をクリック→その後カーソルキーで現在地マーカーが移動できない
という点です。

後から「タブキー押下等でコンボボックスからフォーカスを外せば良い」ということは気付きましたが、これがわかるまではアプリの再起動を行っていました。

これの簡単な解決方法は思いつかなかったのですが、一応ご報告でした。
Posted by snd at 2015年10月27日 09:32
sndさん、こんにちは。
ご要望に添えたようで、良かったです(^^)

「ファンタシースター」、当時まだファミコンすら持ってなくて友人宅に押しかけて遊んでいた身としては、あこがれのゲームでしたね〜。

雑誌によく載ってた、3Dダンジョンの中に立つ巨大なドラゴンの姿・・・。遊びたくても遊べなかったゲームです。

プレイステーションネットワークかなにかで販売されているのを購入した気がしますが、積みゲーになってるなぁ(^^;

ちょっと引っ張り出してみます(^^)
Posted by RumTum at 2015年10月27日 09:38
sndさん、こんにちは(^^)

プルダウンメニューからのフォーカスの移動の件、フロア座標の起点のコンボボックスというのは、[編集]メニューの中の[フロアの基点の変更]のことでしょうか?

このメニュー自体はプルダウン式のメニューが開かないので、[編集]をクリックして開くメニューのことかなと考えますが・・・

この[編集]メニューを開いた後、ESCキーを使ってメニューを閉じた場合にフォーカスがメニューに行ったままになるという点でしょうか。

これは、メニューからコマンドを実行した場合にはカーソルキーでの現在地マーカー移動が可能なので、メニューをキーボードから閉じた場合のみの事象だと思います。


そのことだとすると、これはWindowsのアプリとしては標準的な動作になってきますね。

違ったていたらごめんなさい。
このことではない場合、ちょっと状況がわからない状態です。
また、連絡をもらえますか?
Posted by RumTum at 2015年10月27日 10:57
RumTum さん

混乱を招いてしまってすいません。簡単ですがスクリーンショットを使って説明を書いてみました。

ttps://gyazo.com/615f63fbacc66150e247754193cf807c

ホームページアドレスにも↑このスクリーンショットと同じアドレスを入れました(URL書けるかわからなかったのでH抜きました)。


ちなみにこれは改善をしてほしいというモノではなく、「理由と対処方法がわかるまで自分が少し混乱した」ということを書いたものでした。
Posted by snd at 2015年10月27日 13:27
sndさん、報告ありがとうございます(^^)

フォーカスがコンボボックスに残ってしまう件、確認しました。

これは、完全に不具合ですね。
フォーカスが移らないだけならまだしも、カーソルキーで基点の内容が変わっても反映されない状態ですから。

ということで、これも修正を加えました。
日替わりアップデートで申し訳ありませんが、差し替えをしましたのでダウンロードをお願いいたします。
Posted by RumTum at 2015年10月27日 18:43
RumTum さん

連日のアップデート、ありがとうございます。
フロア座標の基点クリック直後でも、カーソルキーで現在地マーカーが移動できることを確認しました。


ファンタシースター1なのですが、自分はPS2『ファンタシースターコンプリートコレクション』収録版でプレイしています。これには経験値やお金が多くもらえるイージーモードがあるのですが、それでも攻略に非常に時間がかかっています。
理由は自分が3Dダンジョン系はほとんど遊んだことがないため、マッピングに時間がかかっているためです。
「ファンタシースター1でマッピングに慣れたら真・女神転生1を遊んでみたい」と思っていたのですが、とても先になってしまいそうです。
そしてまさに最近巨大なドラゴンと遭遇したのですが、「今見てもワリと迫力があるなぁ」と感じました。

と方眼紙マッピングとは全然関係ないファンタシースターの話でした。すいません。


これからも使わせてもらいます。ありがとうございました。
Posted by snd at 2015年10月27日 21:11
sndさん、こんにちは!

「方眼紙マッピング」の配布ページ(http://tyaya.net/graph-paper/)のトップに、ファンタシースターのあのドラゴンのような構図の画像が貼り付けてあることにいまさら気づきました(笑)

それはさておき(^^;

ファンタシースター、あのドラゴンに会いましたか!
いいな〜、いまだにあのドラゴンに会っていないのですけど、あの画像はもう四半世紀以上も頭の隅にこびりついて離れないですね〜〜

私が購入したファンタシースター、確認してみました。
PSNのゲームアーカイブに入っている「ファンタシースターコンプリートコレクション」、まさに同じものでしたよ!

これ、イージーモードがあるんですね。
それなら、今からでもやってみようかな〜。
昔のゲーム、当時は普通に遊んでいたくせに今やってみると敷居が高いんですよね(笑)

次に狙っているのが「真・女神転生1」ですか!
これもまた当時あこがれたゲームです!

まだファミコンも持ってなかった当時、ファミコン版の女神転生を遊んでいる友人の後ろから画面を一緒に見ながら楽しんでました。
当時はよく、後ろで見てるだけで面白かったもんだ(笑)

そしてスーファミで出た「真・女神転生」シリーズ。
その頃はゲーム機を買ってもらえたにも関わらず、スーファミに行かずにメガドライブを所持。これまた憧れのままプレイせず。

ペルソナシリーズはPSPで遊びましたけど、やっぱり3Dダンジョンの頃の女神転生を遊びたいですね〜(^^)
Posted by RumTum at 2015年10月28日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: